amieeブログチームのAyaです。

 

 

私は、2019年1月から2月にかけて、息子を連れて1か月間フィリピンに親子留学しました。

 

実際は、私の母も一緒にきて、三世代留学です。

 

まず前提として、親子留学をされる方は、子供の英語教育のために留学される方がほとんどだと思います。

 

ただ、私の場合は逆で、育児休暇中にやれることをと思って、自分の英語のスキルを伸ばすために留学しました。

 

息子はまだ1歳半でしたし、息子に英語の授業を受けさせる気はありませんでした。

 

なので、私(と母)は授業を受け、その間息子はベビーシッターに預ける、というスタイルです。

 

 

さて、フィリピンは7,200以上の島からなる国です。島によって言語も違うし、風土も違うと思われます。

 

私が選んだ学校は、ネグロス島という特段特徴のない島にある学校。

 

そこを選んだ理由は、田舎にあって、学校(兼コテージ)のすぐ裏が海という立地。敷地も広く、子供が走り回るなど自然の中で遊べる環境があったからです。

 

都市部であるセブでの留学も考えましたが、都市部は治安も悪いので、子供は基本、学校にあるシッター部屋の中で一日過ごしたり、はたまたベビーシッターがホテルの部屋に来てくれて、子供はそこでマンツーマンで過ごしたり・・・。

 

遊べる公園のような場所があまりなく、基本は室内か、ホテルのプールなどになってしまうと聞いて、できれば、子供はほかの子供と関われる環境にあったほうがいいと思っていたし、多少生活に不便があっても楽しく過ごせそうな田舎がいいなと思って、選びました。

 

その結果、生活はいろいろと不便でしたが、母もいたので買い物をお願いでき、何とか生活できました!

 

そして、息子はほかの子供たちと戯れながら、またヒツジや犬や牛などに囲まれながら、たくましく成長してくれました!

 

学校のカリキュラムも良く、先生の質も高く、私の授業も大満足。

 

フィリピン留学は流行ってきているのか、日系の英語学校も、韓国系の英語学校もいろいろあるようです。

 

学校によって、立地も、得意な分野も、先生の質なども違います。

 

しっかり調べて、コーディネーターにも聞いて、学校を選ぶことをお勧めします!

 

次回以降、フィリピンでの生活や学校の様子、現地の子育て事情などをお伝えしていきたいと思います。

 

では。

 

♡ aya ♡

 

新サニタリーブランドamiee(アミー)

2019年秋、デビュー予定!!

第一弾商品は、使い捨て布ナプキン!

 

▼▼3/8-6/18はクラファン実施▼▼

現在200%(100万円)達成中!

https://www.makuake.com/project/amiee/