amieeブログチームのpiyoです。

 

 

最近ワーキングマザーの友人から

上司から時短勤務について

制度はあるけど使わないようにと言われて

非常に腹が立ったという話を聞きました。

 

これだけ働き方改革が叫ばれていても

現場ではこうしたことがあります。

 

 

7月末に厚生労働省から

「平成30年度雇用均等基本調査」の結果が公表されました。

 

この調査は働く男女の均等な取扱いや

仕事と家庭の両立について実態はどうなっているかを

知るために実施されているものです。

 

色々気になる点がありましたが

育児休業の取得に関する項目について

今回は取り上げてみたいと思います。

 

育児休業取得者の割合について

女性82.2%(対前年度比 1.0ポイント低下)

男性:6.16% (対前年度比 1.02ポイント上昇)

となり男性の育児休業がアップしたそうです。

 

では育児休業の取得期間はどうでしょうか?

 

育児休業の取得期間で最も高かったのが

女性は「10 か月~12 か月未満」が31.3%

男性は「5日未満」が 36.3%でした。

 

この結果についてどう思われますか?

 

女性の取得率が下がっていることに

私自身とても驚いたのが正直なところ。

 

そして男性の取得率アップは嬉しいことですが、

実態としては5日未満だとすると

育児のハードさを考えると足りない気がします。

 

これだけ働き方改革が叫ばれていても

先が長いなぁと思わざる得ません。

 

企業で働いていて思うのは

管理職の理解不足、

そしてコミュケーション不足からの

ハラスメントが非常に多いこと。

 

仕事人間で育児に関わってこなかった年代の方々は

理解するのが難しいのかもしれませんが、

 

男性が育休復帰後の降格人事が怖くて

育休を取得したくてもできなかったり、

女性に対してもワーキングマザーへの

理解不足があるのは残念なことです。

 

経営トップがどれだけ改革を叫んでいても

管理職が腹落ちしていなければ

現場ではハラスメントが増えるだけです。

 

現場の管理職への研修を含め

管理職の理解を深めていくことが

働き方改革の第一歩なのかもしれませんね。

 

amieeでは、企業に対しても社内啓発のプログラムを

展開していきます。

 

ぜひご活用ください!

piyo

 

新サニタリーブランドamiee(アミー)

2019年秋、デビュー予定!!

第一弾商品は、使い捨て布ナプキン!

 

♥ Please follow us ♥

Instagram

twitter

Facebook

カテゴリー: Piyoのブログ