amieeブログチームのAyaです。

私は現在妊娠中で、予定日は8月中旬です。

 

第一子は普通分娩でしたが、大きめの子でとっても痛かったので、「次は無痛にしたい!」と出産している最中に固く誓い、今回それを有言実行する予定です。

 

無痛分娩を選択したママさん、増えてきていると思うのですが、私の周りには今のところ一人。

 

そして、「次は無痛なの」というとみんな興味あるようで「どうだったか教えてね~」と言われます。

 

なので、amieeのブログでもその体験談を紹介したいと思います。

 

といっても、もうちょっと先なので、お待ちくださいね。

 

今回は、無痛分娩が決定するまでの体験を紹介します。

(写真は第一子の赤ちゃん時代です)

 

私は、第二子妊娠前から無痛と決めていたので、産科の病院は無痛があるところで選び、かつ初診でその希望を伝えました。

 

病院によるとは思いますが、私の通っているところは「無痛分娩は週に〇名」という決まりがあるらしく、無痛を希望する人は早めに予約する必要があるそうです。

 

言うのが遅くなり、キャンセル待ちになったり、そもそも無理と言われてしまったりした方もいました。

 

初診では、無痛分娩のリスクや、差額などを説明されて終わりました。

 

無痛分娩できると思って、ここまで健康的に妊娠を継続してきたのですが、実は最近受けた母親学級で

 

「計画無痛の人は、(特に経産婦は)38週くらいで産む人が多い」
「無痛ができるかどうかは36週くらいの診察時に最終決定する」

 

という情報を助産師さんから聞きました。

 

なんですと!

 

一気に予定日が2週間早まったようで(いやいや、まだ決まってませんが!)、38週あたりにも友達とのランチの予定などを入れていたので、焦りました・・・。

 

産後の予定も狂っちゃいます!(笑)

 

夫に休みを取ってもらう期間と、実家に戻る期間をこれから調整しなくては!

 

確かに、無痛分娩の説明資料には「38~40週で無痛分娩誘発日を決定します」とは書いてありましたが、「38週が一番多い」という情報も欲しかった~。(患者のワガママ!)

 

というわけで、無痛分娩希望の方、お気を付けくださいませ。

 

 

♡ Aya ♡

新サニタリーブランドamiee(アミー)

2019年秋、デビュー予定!!

第一弾商品は、使い捨て布ナプキン!

 

♥ Please follow us ♥

Instagram

twitter

Facebook