amieeブログチームのAyaです。

2019年1月から2月にかけて、1か月間、息子(1歳半)と実母と一緒に三世代留学しました。その体験を紹介していきます。

 

フィリピン(ネグロス島)での幼稚園事情をご紹介します。

 

以下、「フィリピン」と書く場合、ネグロス島の一部の地域とお考え下さい!

(島によって話す言語も違いますし、マニラやセブなどの都市部はまた違った生活をされていると思います)

 

 

私の通っていた英語学校では、子供の授業もやっていましたが、現地の幼稚園などやインターナショナルスクールにも通わせたいという方も多く、現地校を見学したお母さんたちから話を聞きました。

 

選択肢としては、

・現地の幼稚園(学校のそばに1校)

・現地のインターナショナルスクール(3校くらい)

がありました。

 

見学に行ったお母さんたちが口をそろえて言うのが、「3歳クラスでも、椅子に座って一生懸命勉強していた!」「うちの子には無理だわ!」ということでした。

 

日本の保育園・幼稚園とは全く違いそうですね。

 

特に現地の幼稚園は預かり時間が朝8~10時と短く、遊びの時間が週1日しかないなど、基本は毎日勉強しに行く場所なのだそうです。

 

インターナショナルスクールは、学校から少し遠かったのですが、預かり時間が長く、遊びの時間のほかに勉強の時間が毎日ちゃんとあって、結構厳しい感じだそうです。

 

聞いてみて意外だった、フィリピンは幼稚園で勉強させているという事実ですが、実際、フィリピン人はとても教育熱心で小さい子でも現地の言語と英語をちゃんと話せます。

 

それはこういった教育の賜物なのだなと感じました。

 

さて、私が話を聞いた二家族は、結局現地校には行かせず、自由でのんびり遊びながら遊べる英語学校でレッスンを受けさせていました。

 

留学先によって、現地校もいろいろな選択肢があると思いますが、お子様の性格や留学期間に合わせて、いい学校が見つかるといいですね!

 

♡ Aya ♡

新サニタリーブランドamiee(アミー)

2019年秋、デビュー予定!!

第一弾商品は、使い捨て布ナプキン!

 

♥ Please follow us ♥

Instagram

twitter

Facebook